クリーニング・ファッションメンテナンス GINYOSHA

  • お洋服を大切により長く着るためのファッションメンテナンス

GINYOSHAのドライクリーニングは防菌・防カビ加工剤を仕上げに使っています

近頃では日頃のウイルス対策や衛生管理が気になりますね。GINYOSHAではドライクリーニングの仕上げの工程で、防菌・防カビ加工剤(BC-10)を使用しています。

これは「塩化ベンザルコニウム」を成分とする加工剤です。「塩化ベンザルコニウム」は、新型コロナウイルスを実際に使用した確認方法により、同ウイルスの粒子数を、加工剤の濃度0.05%で2分間処理により、99.999%、また加工剤の濃度0.01%で5分間処理により99.99%、減少させる効果があると実証されております。
(JIS規格(L1922)によると、減少率99%以上で「効果あり」、99.9%以上で「十分に効果あり」と評価されます。)

洋服を安心してご着用いただくためにも、ドライクリーニングをおすすめします。

ご注意ください!衣服への消毒液のトラブル増えています。

ウイルス対策の消毒液は、種類によっては、衣服の色落ち、変色などダメージにつながります。

ご家庭で洗剤や薬品などを希釈して消毒液を作ってご利用になる方が増えています。また、お出かけ時には備え付けられている消毒液を使用されることもあると思います。

中でも似ている名前の「次亜塩素酸ナトリウム溶液」と「次亜塩素酸水」は別ものです。衣服へのご仕様の際には注意が必要です!

次亜塩素酸ナトリウム溶液

ハイター・キッチンハイターに代表される塩素系漂白剤に使われる成分です。

人体にも悪影響があります。衣服に扱う場合は要注意です!色柄物やデリケート品は変色などのダメージを受け易いです。

次亜塩素酸水

食塩水を電気分解して生成する液体のため衣類や人体への影響が少ないです。色柄物やデリケート品でも使用できます。

ただし使いすぎるとシミになる場合もあります。また高濃度であったり、熱を与えると脱色する場合もあります。

<参照情報>

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)
新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告をとりまとめました。~物品への消毒に活用できます~
https://www.nite.go.jp/information/osirase20200626.html

「次亜塩素酸ナトリウム溶液」を希釈した消毒液を衣類に振りかけて、変色したり、色落ちしてしまったごいうご相談をいただいています。消毒液をご利用の際には、成分を確認し安全にご使用ください。

ファッションメンテナンスのご相談、クリーニングでお困りのことなど、こちらよりお気軽にお問い合わせください。